建築・住まいの豆知識

2013年3月14日 (木)

選ぶこと

こんにちは加藤です。

今日は少し気温が下がり、肌寒い感じがしますが、空気の香りや音の感じから春を感じます。

やはり雪が解けるとうれしいですね。新潟で暮らしていると雪のない地域に住むのとは違った春の喜びがあると聞いた事があります。

さて、気持ちのいい天窓だと思いませんか?Ohouse
村上で現在追い込みの工事が進んでいる現場での写真です。

今日は天窓の話、ではなく、家づくりの中で大事だなぁーと思うことをお伝えしようと思います。

家づくりではたくさんの「選択」をします。

どの選択にもメリットとデメリットがあるものです。(人生も一緒ですね)

何かを選ぶと、何かが叶わなくなるということが良くあります。

今日ご紹介した天窓もその一つ。

天窓はむやみに付けるものではないと思います。

このお宅では、この場所には必要だと考えて「天窓をつける」という選択をしました。

天窓は室内に明かりを落とすために付けるのですが、やはり屋根に穴を開けるわけですから長ーい目で見ると天窓のない屋根に比べると問題が起こる可能性が高くなります、長期間メンテナンスをしないことを一番に考えた場合は「天窓はつけない」という選択をしたと思います。

しかし、家は人が住むところ。しかも、こちらのご家族の暮らしは日中も家にいる時間が多いというお住まい。

居住性を大事にしたいという理由で今回は天窓を採用しました。

今回は天窓の話でしたが、一棟の家を造る際にはたくさんのこういった選択をしていきます。
そこで大事な事が「何を大事にするかの基準」だと思います。

大きさなのか、明かりなのか、金額なのか、素材なのか、暖かさなのか・・・・
なんだか難しい話になってしまいましたが、様々な選択をバランスよくすることがとても大事なのが家づくりです。

全部は叶わない、でもこれだけは叶えたい。大事にする事がはっきりしていると家づくりにとって大きな力になります。

さて、今回ご紹介した物件。なぜ、天窓あったほうがよかったのか。

3月30、31日に見学会を開催しますのでお時間のある方は是非お越しいただき、ご確認ください。

見学会の情報は《コチラ》です。

|

2011年8月 2日 (火)

エアコンの電気代はいくら?

Dsc_6743
こんにちは加藤です。
今年初めての花火をしました。
子供にとっては生まれてはじめての花火。
1歳半では小さすぎて、あまり楽しそうでなかったのが残念でした。

さて、夏本番。
今年の7月は特に暑く、夜も熱帯夜。
8月に入り、少し朝晩の暑さが和らぎましたが、夏本番はこれから。
エアコンをつけたいけれど、節電のために我慢をしているご家族も多いのでは。

電力消費のピークタイムは午後2時~3時です。
夜は電力の消費も下がり、エアコンを我慢する必要はありません。
体に負担をかけないように冷房のかけすぎは禁物ですが。
ただ、気になるのが電気代。

毎日エアコンを5時間つけた場合の1ヶ月の電気代はいくらでしょう?

大雑把な計算は結構簡単なんですよ。

例えば、寝室用の8畳用のエアコン、冷房時の消費電力が500w(0.5kw)だとすると、

1時間の電気代は 0.5kw×22円=11円
(22円が1kwの金額として、電力の契約によって違います)

1日5時間運転すると 11円×5時間×30日=1650円(1ヶ月の電気代)

夜、深夜電力の契約をしているお宅だと

0.5kw×8.5円=4.25円 1ヶ月だと637円。

東北電力との契約によって多少の誤差はあるにしても、大雑把な計算はこれで出来ます。

省エネも節約も大切。でもわかって賢く使うことが大切ですね。

細かい電気料金の計算は東北電力のページに出ています。→(電気代計算例

家造のホームページへ


|