2011年2月20日 (日)

旅の一週間

こんにちは加藤です。先週は日本海側と太平洋側を車で2往復しました。 新潟→千葉→栃木→新潟、新潟→福島→新潟。人との出会いが旅。また新たな出会いがありました。ありがたいことです。 住宅の性能のコト、快適さのコト、木のフローリングのコト、林業のコト、たくさん考えた一週間でした。 家づくりはデザインだけでも、性能だけでも、素材だけでも、強度だけでも足りません。それぞれのバランスが大切。特に今はまだ冬。冬を快適になおかつ省エネで暮らすための考え方を今まで以上に深く考えることができるようになった出会いでありました。日々勉強です

|

2011年1月23日 (日)

近所の鍛冶屋が

こんにちは加藤です。雪景色がきれいな今日この頃です。

この季節、雪かきの後の風呂は最高ですね。

20日の新潟日報朝刊を見てびっくり。

会社の向かいの鍛冶屋のじいさんがアップで登場していました。

Srimg1241

現在も手づくりで刃物をこしょてます。(つくっています)

以前に興味があって工場を見せてもらったときの写真が↓。

Sdsc_3738

Sdsc_3733

久保多町は私の生まれ育った町内。じいさんばあさんの家と会社があり、その道路向かいに森本鉄工があります。

知り合いが新聞に載るとうれしいものです。

むかし、誰かが言った言葉を思い出します。

「いいモノはいい人がつくる」

森本さん一家はみんないい人。ながもちする鋼の包丁。一丁いかがですか?

耳よりのニュースです。

4月から「チルチン広場」というホームページが開設されます。

地域の手づくりのモノ、サークル、天然酵母パン、いい感じの喫茶店などチルチンの価値観にあうお店やモノを紹介するホームページです。お楽しみに。


|

2010年11月18日 (木)

いい家をつくるには

こんにちは加藤です。

いい家をつくるには?

先日、建築中の我が家の打合せのために建築家田中敏溥さんが現場にきました。田中さんは打合せにくると毎回職人さんたちのお茶を自分で準備します。

今回も3時の一服では近くの自動販売機から人数分のお茶をコートのポケット一杯にに買い、東京からお菓子を持ってきていただきました。

いつも感心します。ふと先週参加したチルチンびと地域主義工務店の会での田中さんの挨拶を思い出しました。

すべては覚えていないのですがこんな内容です。

ロッテ優勝しました。
ロッテにはスター選手がたくさんいるわけではない。
しかし、優勝しました。

これを家に置き換えてみて考えました。

いくら腕のいい大工がいたからといっていい家ができるわけではない。
最高の材料を使ったからといっていい家ができるわけではない。
一流の建築家が設計したからといっていい家ができるわけではない。
いい家をつくるには家づくりに関わるみんなが同じ目標を持って取り組まなければなりません。
それには建主、職人、現場監督、設計者みんながいい関係で家づくりに取組む必要があります。

とても大事なことだと私も思います。

田中さんは家造の顧問建築家水澤悟の師匠。
うちの展示場を設計もしていただいた方です。

Srimg0869

施工中の我が家
Ssrimg0655


|

2008年8月31日 (日)

親父と息子

Ine

こんにちは、加藤です。

ここ数日はまた暑さが戻ってきましたが、秋がそこまできているようです。

展示場の庭の稲も穂をつけました。収穫が楽しみです。

先週、数奇屋づくりの住宅で有名な重川材木店の重川社長にお会いしました。家を作るという仕事の大先輩です。もちろん人生の大先輩でもあります。私と同世代の息子さんがいらっしゃるということで、親子のことや会社の経営について、さまざまなお話を楽しくさせていただきました。父と息子の関係のお話は興味深く、その中でも息子さんがなかなか「ありがとう」と素直に口に出して言わないという話が我が家と同じで面白かったです。。私も父親に「ありがとう」といえないので、息子さんの気持ちがとても解ります。恥ずかしいというのが一番の理由なのですが、よく考えると何が恥ずかしいのか良くわかりません。あらためて言うタイミングもないし、あまりに感謝するコトが多くて、急に「ありがとう」なんていったら変に思われるだろうとも思います。きっと多くの日本人男性は親父に「ありがとう」ということが出来ずにいるのではないかと私は思いますが、どうでしょうか?

重川社長、ためになるお話し、楽しいお話しありがとうございました。

|

2008年5月 4日 (日)

愉快な三人組

今日は愉快なお客様が展示場にいらっしゃいました。

連休初日でしかも快晴。行楽日和、バーベキュー日和、そして、冒険日和。

16時前でした。展示場の駐車場に自転車で乗り付けた3名のお客様。松浜小学校6年3組の3人組。聞いてみると、自転車で1時間くらいかけて展示場まで来たそうです。道中様々な冒険をしてきたようでした。彼らにとってはかなりの遠出です。
「なんかかっこいい建物があるから見たいと思ってきました。入っていいですか?」とうれしい事をいってくれました。私もそんなうれしい事を言っていただきご機嫌で「どうぞ見て行って」と中へご案内しました。ジュースとお菓子を出すと、食べる食べる。さすが6年生、育ち盛りです。食べる手を休めながら学校の事や今回の小さな冒険の話を聞かせてくれました。
お腹が落ち着いた後に見学開始。といっても吹き抜けのキャットウォークで肝試し。家よりもケヤキのデッキがとても似合う3人組でした。さんざん遊んで「ありがとうございました。また来ます!」と元気にあいさつをして帰って行きました。

「また明日来ます!」とも聞こえたような気がしました。

Dsc_3993_3Dsc_3998_5


Dsc_3999_2


Dsc_4002_2

|

2008年4月16日 (水)

フラワーホームの社長

サクラの花満開の今日、フラワーホーム(十日町)の社長がいらっしゃいました。優しい目の社長に家のコト、商売のコト、経営のコトなど様々なことを教えていただきました。

社長とのご縁は3月のはじめに参加した雪国科学の代理店会議の懇親会の席でした。そのときお話して、メチャメチャ面白い、そして魅力的な人だなぁーと思いました。

先日その社長から葉書を頂きまして、「近くに行くので展示場を見せてください」とのこと。

「もちろんです。」ということで、今日の10時頃にいらっしゃいました。楽しい時間はアッという間に過ぎます。12時まで展示場でお話をして、次回は私達が伺わせてということをお約束してお別れしました。

社長にはダイニングテーブル2台注文いただきました。ありがとうございました。Photo

今日はフラワーホーム社長との出逢いに乾杯です。

|