« 夏ですが・・・ | トップページ

2016年7月25日 (月)

まさか!に備える

土日に開催された防災士の講習と試験を受けた。

自治防災の強化を図ることを目的に、村上市が各行政区(町内会)に一名の防災士研修費用を負担。町内代表として研修に参加することになった。

防災士とは何か?ということもよくわからないまま、受講を決めたが、テキストには、防災士とは、「市民が行う防災行動に関して十分な意識・知識・技能を持った、地域社会における防災のリーダーの役割を期待される存在」とある。(防災士について

事前に家に届いた300ページを超える分厚い黄緑色のテキスト、試験対策問題集、そして朝から夕方までの講習が二日間ということで、かなりの辛抱を覚悟して会場に向かったが、講師の方々の具体的事例をたくさん盛り込んだお話や、ハザードマップを使ったグループワークなど、有意義な二日間だった。

被災された方は「まさかうちがこんなことになるなんて」と口をそろえる。

地球温暖化を背景に、気象災害は激甚化。

地震も百年単位、千年単位で起こるとはいえ、明日かもしれない。

防災は自分事としてイメージできるかどうかが大事だそう。

もし大きな地震が昼間に起こったら、夜に起こったら。

最近よく聞く、数十年に一度の大雨が降ったら。

町内には、我が家には、会社事務所にはどんなリスクが想定されるか?

どんな対策をすればいいのか?考えてみよう。

建設業という職業柄、防災とは深いかかわりがある。今回の研修は大変勉強になりました。


S_dsc_0567

≪家造のホームページ≫

|

« 夏ですが・・・ | トップページ