« 簡単なことが奥深い | トップページ | 新しい視点で »

2015年12月 2日 (水)

温暖化と我が家

こんにちは加藤です。

ニュースで毎日取り上げられていますが、フランスのパリでCOP21(第21回国連気候変動枠組条約締約国会議)が開催されています。

2020年以降の国連加盟国の温室効果ガス削減目標「うちの国はこれだけ削減します」という宣言をお互いに合意がすることが目的ですが、なかなか難航しているようです。
日本は2030年までに2013年比で温室効果ガスを26%削減する約束案を提出。

その中でも私たちに一番身近な「家庭部門」からのCO2削減目標は40%です。

この40%の目標を達成するためには、これから建てる新築住宅だけの断熱性能を高め、高効率の機器をいれることでは達成されません。既存の住宅の断熱改修や機器の入れ替えが不可欠です。

当たり前ですが、地球の温暖化を止めるために、自宅を改修するという高貴な方はまずいません。
日々のニュースで報道される各地の異常気象から、着々と環境の変化が進んでいることは感じ取れますが、日常の生活の中では、困っているという実感はなく、「よし、世界のためにうちを改修しよう」なんてことにはなりません。

しかし、自分のため、家族のため、そして地球のためと考えれば、自宅の改修も前向きになれるのでは。

自宅を改修することで快適に暮らすことができ、光熱費も抑えられ、健康に暮らせる、そしてCO2が抑えられる。

リフォームでもっと快適に、もっと豊かな暮らしを。

自分のために、世界のために快適な家に住みませんか?

それではまた。

家造のウェブサイトへ
151202

|

« 簡単なことが奥深い | トップページ | 新しい視点で »