« 火をみることはいいことだ | トップページ | 温暖化と我が家 »

2015年11月21日 (土)

簡単なことが奥深い

こんにちは加藤です。

昨日は熱い勉強会に参加してきました。
京セラの名誉会長稲盛和夫さんの経営を学ぶ「盛和塾」の例会。
私が昨年から学ばせて頂いている会です。
昨日は、日本航空の大西会長から「日本航空 破綻からの歩み」というタイトルで発表をいただきました。
思いのこもった発表に感動し、ノートがいっぱいになりました。
日本航空を破綻から復活させた企業文化の変化。
どのように変わったか、どう変えたか。といった内容の発表。
発表の中で、お客様に接するフロントラインの方たちが心の底から「感謝」して働くようになったことが、JAL再生の大きなきっかけになったとお話しされていました。

「感謝」して働く。頭ではわかる。実際はどこまでできているのか。

昔、祖父祖母、両親、学校の先生に言われた人として正しいということも同じ。
頭ではわかっていても徹底するのはとても難しい。
仲間を大切にする、うそをつかない、フェアプレーの精神、ひきょうなことはしない、すぐにあきらめない、自分の頭で考え工夫する・・・・
言葉は簡単で、すぐ理解できること。
真剣に考えると、どれも際限なく追及できること。
お客様に「感謝」し、最高のサービスをすることも際限のないこと。

たくさんの学びがあり、そして考えさせられる内容の勉強会でした。
それではまた。

|

« 火をみることはいいことだ | トップページ | 温暖化と我が家 »