2016年7月25日 (月)

まさか!に備える

土日に開催された防災士の講習と試験を受けた。

自治防災の強化を図ることを目的に、村上市が各行政区(町内会)に一名の防災士研修費用を負担。町内代表として研修に参加することになった。

防災士とは何か?ということもよくわからないまま、受講を決めたが、テキストには、防災士とは、「市民が行う防災行動に関して十分な意識・知識・技能を持った、地域社会における防災のリーダーの役割を期待される存在」とある。(防災士について

事前に家に届いた300ページを超える分厚い黄緑色のテキスト、試験対策問題集、そして朝から夕方までの講習が二日間ということで、かなりの辛抱を覚悟して会場に向かったが、講師の方々の具体的事例をたくさん盛り込んだお話や、ハザードマップを使ったグループワークなど、有意義な二日間だった。

被災された方は「まさかうちがこんなことになるなんて」と口をそろえる。

地球温暖化を背景に、気象災害は激甚化。

地震も百年単位、千年単位で起こるとはいえ、明日かもしれない。

防災は自分事としてイメージできるかどうかが大事だそう。

もし大きな地震が昼間に起こったら、夜に起こったら。

最近よく聞く、数十年に一度の大雨が降ったら。

町内には、我が家には、会社事務所にはどんなリスクが想定されるか?

どんな対策をすればいいのか?考えてみよう。

建設業という職業柄、防災とは深いかかわりがある。今回の研修は大変勉強になりました。


S_dsc_0567

≪家造のホームページ≫

|

2016年7月12日 (火)

夏ですが・・・

チルチンびとの出版社(風土社)から自宅に封筒が届いた。

開けてみると、これから出版される「薪ストーブ読本」が入っていた。

約200ページのボリュームに薪ストーブのコト満載の内容。

表紙が我が家の写真。娘がまだ小さいころの写真。懐かしい。

モデルハウスも含めると薪ストーブを使い始めて8年が経過する。

面倒だけど、温かさは格別。というのが私の感想。
面倒なのは慣れる。温かさは癖になる。

薪ストーブが一台あるだけで、世界が変わるー
薪ストーブ愛好家は、こう口を揃えます。

火を熾し、揺れる炎を眺める。
薪のはぜる音に耳をすます。
薪ストーブは忙しい暮らしの中で忘れがちな
豊かさを教えてくれるだけでなく、
家を温め、調理にも役立つ、エコで素朴な暖房器具です。
本書はこれから薪ストーブを導入しようと考えている人、
またもっと楽しみたいという人向け、
薪ストーブのすべてを解説します。(本書より)

確かに。今年の冬はこの本を読んで、ストーブライフを満喫したい。

≪家造のホームページ≫
Iezomaki

|

2016年7月 3日 (日)

エイッ、エイッ、エイッ!

昨日は新発田市にて、諏訪神社の畠山禰宜にお越しいただきK様邸の地鎮祭が執り行われました。

お施主様の本物志向に適う、素敵なたたずまいの家造らいし家になりそうです。

K様、地鎮祭おめでとうございました。いよいよ着工。完成が楽しみですね。

地鎮祭の中でお施主様による鍬(くわ)入れ、施工者による鋤(すき)入れという儀式が行われます。

私は施工者代表として、地鎮祭に参加すると、鋤入れを行います。

「エイッ、エイッ、エイッ」と掛け声をあげて、木製の鋤で砂の山を崩します。

神事ということで緊張感があり、私も気合が入ります。

学生の頃少林寺拳法をしていて、毎日何十回、何百回あげていた掛け声(気合)と同じ「エイッ」ですが、どこかで地鎮祭での「エイッ」には「栄」という意味が込められていると読んだことがあり、それ以来、掛け声を上げるときは「栄ろ、栄えろ、栄えろ」と心の中で唱えています。

工事の無事。ご家族の幸福をお祈りしました。

_20160702_143032

|

2016年7月 2日 (土)

工事成績優秀企業

昨日よい知らせがあった。

国土交通省から「工事成績優秀企業の認定」の通知をいただく。

昨年に引き続きの認定となる。

土木事業部の工事に携わったみなさん、協力業者のみなさんの仕事が評価され、うれしい。

「いい仕事をする」という企業風土を更に磨く誇りになる。

ありがたい。

≪家造のホームページへ≫

|

2016年7月 1日 (金)

59期スタート

今日から当社の新しい決算期が始まった。

一年に何回かある節目の一つ。
新しい気持ちで、新しい計画に向かう。

家造では、また新たなプロジェクトがスタートしている。

木と自然素材でつくる上質な家づくりという初心を忘れず、今期も一歩前進したい。

≪家造ホームページへ≫

|

«健康増進